刑法第169条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(偽証)

第169条
法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、3か月以上10年以下の懲役に処する。

解説[編集]

「第20章 偽証の罪」の保護法益は国家の審判作用の適正な運営である。

これに対し、「第7章 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪」の保護法益は国家の刑事司法作用の円滑な運営とされる。

w:偽証の罪を参照。

参照条文[編集]

103条(犯人蔵匿等)

104条(証拠隠滅等)

169条(偽証)

171条(虚偽鑑定等)

172条(虚偽告訴等)

判例[編集]

前条:
刑法第168条の3
(不正指令電磁的記録取得等)
刑法
第2編 罪
第20章 偽証の罪
次条:
刑法第170条
(自白による刑の減免)
このページ「刑法第169条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。