商法第11条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール商法第1編 総則 (コンメンタール商法)

条文[編集]

w:商号の選定)

第11条
  1. 商人(会社及び外国会社を除く。以下この編において同じ。)は、その氏、氏名その他の名称をもってその商号とすることができる。
  2. 商人は、その商号の登記をすることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]



前条:
商法第10条
(変更の登記及び消滅の登記)
商法
第2編 商行為
第4章 商号
次条:
商法第12条
(他の商人と誤認させる名称等の使用の禁止)
このページ「商法第11条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。