民法第890条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

配偶者相続権)

第890条
被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする

解説[編集]

被相続人の配偶者の相続権についての規定である。

  • 民法第887条(子及びその代襲者等の相続権)

参照条文[編集]


前条:
民法第889条
(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)
民法

第5編 相続
第2章 相続人

次条:
民法第891条
(相続人の欠格事由)
このページ「民法第890条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。