民法第749条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

離婚の規定の準用)

第749条
第728条第1項第766条から第769条まで、第790条第1項ただし書並びに第819条第2項、第3項、第5項及び第6項の規定は、婚姻の取消しについて準用する。

解説[編集]

婚姻の取消しは、将来に向かってのみその効力を生ずる(748条1項)ことから、離婚と類似する。そのため、従来の身分関係の処理をする離婚の規定が準用されている。

関連条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第748条
(婚姻の取消しの効力)
民法

第4編 親族
第2章 婚姻
第1節 婚姻の成立

次条:
民法第750条
(夫婦の氏)
このページ「民法第749条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。