労働契約法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学社会法労働契約法労働契約法施行令労働契約法施行規則

労働契約法()の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア労働契約法の記事があります。

第1章 総則 (第1条~第5条)[編集]

第1条(目的)
第2条(定義)
第3条(労働契約の原則)
第4条(労働契約の内容の理解の促進)
第5条(労働者の安全への配慮)

第2章 労働契約の成立及び変更 (第6条~第13条)[編集]

第6条(労働契約の成立)
第7条
第8条(労働契約の内容の変更)
第9条(就業規則による労働契約の内容の変更)
第10条
第11条(就業規則の変更に係る手続)
第12条(就業規則違反の労働契約)
第13条(法令及び労働協約と就業規則との関係)

第3章 労働契約の継続及び終了 (第14条~第16条)[編集]

第14条(出向)
第15条(懲戒)
第16条(解雇)

第4章 期間の定めのある労働契約 (第17条)[編集]

第17条

第5章 雑則 (第18条~第19条)[編集]

第18条(船員に関する特例)
第19条(適用除外)
このページ「労働契約法」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。