民事訴訟法第134条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(証書真否確認の訴え)

第134条

確認の訴えは、法律関係を証する書面の成立の真否を確定するためにも提起することができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民事訴訟法第133条
(和解条項案の書面による受諾)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第1章 訴え
次条:
民事訴訟法第135条
(将来の給付の訴え)
このページ「民事訴訟法第134条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。