民法第587条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)>民法第587条

条文[編集]

消費貸借

第587条
消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

解説[編集]

典型契約のひとつ、消費貸借契約について定めている。

「種類、品質及び数量の同じ物」とは、契約の目的物が不特定物であることを意味する。特定物を目的とする使用貸借との違いである。また無償が原則であり、特約がない限り利息を請求することはできない。なお商法では金銭の消費貸借の場合、特約がなくても当然に利息を請求することができる。

「金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる」とは、消費貸借契約が要物契約であることを示す。つまり契約の成立には借主が目的物を受け取ることが必要である。また契約成立後は借主の返却義務のみが残り、貸主は何ら義務を負わないことから片務契約である。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第586条
(交換)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第5節 消費貸借
次条:
民法第588条
(準消費貸借)


このページ「民法第587条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。