高等学校 生物基礎

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小学校・中学校・高等学校の学習 > 高等学校の学習 >生物基礎 

 「生物基礎」は、中学校までに学習した内容を基礎として、日常生活や社会との関連を図りながら生物や生物現象に関わり、理科の見方・考え方を働かせ、見通しをもって観察、実験を行って、科学的に探究するために必要な資質・能力を育成する科目です。

 「生物基礎」の特徴は、生物や生物現象に関わる基礎的な内容を扱い、日常生活や社会との関連を図りながら、生物や生物現象について理解させるとともに、科学的に探究する力と態度を育成します。

※本解説では令和4年以降の新課程啓林館の生物基礎教科書順番にそってリンクを掲載しています。

PART1 生物の特徴[編集]

SECTION1 生物の多様性と共通性[編集]

  1. 多様な生物の共通性 進捗状況: 00% (2022-00-00) (2022-00-00)
  2. 生物共通の単位(細胞) 進捗状況: 100% (2022-07-10) (2022-07-10)
  3. 個体の成り立ちと多様性 進捗状況: 100% (2022-07-21) (2022-07-21)
    1. 細胞とエネルギー 進捗状況: 25% (2015-01-16) (2015-01-16)

SECTION2 細胞とエネルギー[編集]

PART2 遺伝子とその働き[編集]

    1. 遺伝情報とDNA 進捗状況: 75% (2018-12-12) (2018-12-12)
    2. 遺伝情報の分配 進捗状況: 75% (2018-12-12) (2018-12-12)
    3. 遺伝情報とタンパク質の合成(旧課程では生物IIの一部に対応 進捗状況: 75% (2018-12-12) (2018-12-12)

PART3 生物の体内環境の維持[編集]

    1. 体液
    2. 血液とその循環
    3. 内臓と体内環境
    4. ホルモンによる体内環境の調節 進捗状況: 75% (2015-01-25) (2015-01-25)
    5. 免疫
    6. 神経による体内環境の調節 進捗状況: 75% (2015-01-25) (2015-01-25)

PART4 生物の多様性と生態系[編集]

SECTION1 多様な植生と遷移[編集]

  1. 植物と環境の関わり進捗状況: 100% (2022-09-18) (2022-09-18)
  2. 様々な植生進捗状況: 100% (2022-09-18) (2022-09-18)
  3. 植生の移り変わり進捗状況: 00% (2022-07-10) (2022-07-10)

SECTION2 バイオームとその分布[編集]

  1. 地球上の植生分布進捗状況: 00% (2022-07-10) (2022-07-10)
  2. 様々なバイオーム進捗状況: 75% (2022-07-08) (2022-07-08)

SECTION3 生態系とその保全[編集]

    1. 生態系 進捗状況: 100% (2022-07-09) (2022-07-09)

関連科目[編集]

  1. 高等学校化学I/物質と原子 進捗状況: 75% (2017-02-07) (2017-02-07)
  2. 高等学校化学I/化学結合 進捗状況: 75% (2017-02-07) (2017-02-07)
  3. 高等学校化学I/炭化水素/有機化合物/有機化合物とその構造 進捗状況: 75% (2016-01-10) (2016-01-10)