行政不服審査法第9条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学行政法コンメンタール行政不服審査法

条文[編集]

w:不服申立ての方式)

第9条
  1. この法律に基づく不服申立ては、他の法律(条例に基づく処分については、条例を含む。)に口頭ですることができる旨の定めがある場合を除き、書面を提出してしなければならない。
  2. 不服申立書は、異議申立ての場合を除き、正副二通を提出しなければならない。
  3. 前項の規定にかかわらず、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律 (平成14年法律第151号。第22条第3項において「情報通信技術利用法」という。)第3条第1項 の規定により同項 に規定する電子情報処理組織を使用して不服申立て(異議申立てを除く。次項において同じ。)がされた場合には、不服申立書の正副二通が提出されたものとみなす。
  4. 前項に規定する場合において、当該不服申立てに係る電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。第22条第4項において同じ。)については、不服申立書の正本又は副本とみなして、第17条第2項(第56条において準用する場合を含む。)、第18条第1項、第2項及び第4項、第22条第1項(第52条第2項において準用する場合を含む。)並びに第58条第3項及び第4項の規定を適用する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第8条
(再審査請求)
行政不服審査法
第2章 手続
第1節 通則
次条:
第10条
(法人でない社団または財団の不服申立て)


このページ「行政不服審査法第9条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。