刑法第211条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(業務上過失致死傷等)

第211条
  1. 業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。

(以下の条文は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(平成二十五年十一月二十七日法律第八十六号)の第5条に移行し、平成26年5月20日に同法の施行以降は削除された)

  1. 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

解説[編集]

w:自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律が制定され、危険運転致死傷および自動車運転過失致死傷の規定は、刑法から独立して規定されることになった。

参照条文[編集]

  • 刑法第208条の2(危険運転致死傷):改正前の旧規定
  • 自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律 第5条(現行の規定)

判例[編集]

前条:
刑法第210条
(過失致死)
刑法
第2編 罪
第28章 過失傷害の罪
次条:
刑法第212条
(堕胎)


このページ「刑法第211条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。