刑法第211条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(業務上過失致死傷等)

第211条
  1. 業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。

(以下の条文は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(平成二十五年十一月二十七日法律第八十六号)の第5条に移行し、平成26年5月20日に同法の施行以降は削除された)

  1. 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第210条
(過失致死)
刑法
第2編 罪
第28章 過失傷害の罪
次条:
刑法第212条
(堕胎)
このページ「刑法第211条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。