刑事訴訟法第250条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(公訴時効の期間)

第250条
  1. 時効は、人を死亡させた罪であつて禁錮以上の刑に当たるもの(死刑に当たるものを除く。)については、次に掲げる期間を経過することによつて完成する。
    1. 無期の懲役又は禁錮に当たる罪については30年
    2. 長期20年の懲役又は禁錮に当たる罪については20年
    3. 前二号に掲げる罪以外の罪については10年
  2. 時効は、人を死亡させた罪であつて禁錮以上の刑に当たるもの以外の罪については、次に掲げる期間を経過することによつて完成する。
    1. 死刑に当たる罪については25年
    2. 無期の懲役又は禁錮に当たる罪については15年
    3. 長期15年以上の懲役又は禁錮に当たる罪については10年
    4. 長期15年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については7年
    5. 長期10年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については5年
    6. 長期5年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金に当たる罪については3年
    7. 拘留又は科料に当たる罪については1年

解説[編集]

公訴時効の期間について規定する。殺人罪のように、「人を死亡させた罪」であって、法定刑の上限が死刑である犯罪については公訴時効はなくなった。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第249条
(公訴の効力の人的範囲)
刑事訴訟法
第2編 第一審
第2章 公訴
次条:
第251条
(時効期間の基準となる刑1)
このページ「刑事訴訟法第250条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。