民法第643条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権

条文[編集]

w:委任

第643条
委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。


解説[編集]

弁護士に事件の弁護を依頼する場合が、典型的な委任契約。ただし法律行為でない事務の依頼についても委任契約の規定が準用される(656条、準委任という)。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第642条
(注文者についての破産手続の開始による解除)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第10節 委任
次条:
民法第644条
(受任者の注意義務)
このページ「民法第643条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。