薬理学

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薬理学 (Pharmacology) は、薬物の人体に及ぼす作用を研究する分野である。その内容は薬物の構造特性、代謝経路、作用機序や副作用、臨床での有用性について学ぶ。薬理学は、生体の機能を考察する学問である生理学をその基礎とし、現在は様々な検査法や薬物作用から考察できる内容を理解するために初等的な化学の知識も要求される。

薬理学で扱う項目[編集]

総論[編集]

※ 総論の進捗: 進捗状況: 100% (2020-10-31) (2020-10-31)

自律神経作動薬 [編集]

※ やや横断的な まとめ[編集]

※ 下記の見出しの「興奮系」とか「抑制系」というのは、医学用語ではなく、wiki編集上の仮の用語。
興奮系
気管支
抑制系
炎症の関係
中枢神経系
心臓と血液
未分類

心臓・腎臓作動薬[編集]

(※ この単元は済み.)

  • 抗高血圧薬
  • 狭心症治療薬
  • 心不全治療薬
  • 抗不整脈薬
  • 利尿薬 (※ 済み)

平滑筋作動薬[編集]

  • ヒスタミン、セロトニン、麦角アルカロイド ※ 麦角アルカロイドは済み. 『薬理学/アドレナリン関係の薬物#麦角アルカロイド』
  • 気管支喘息薬 (※ 済み. 『薬理学/咳と痰と気管支喘息の治療薬』に統合済み.
  • 血管作動薬
  • 一酸化窒素 (※『薬理学/心臓の病気の治療薬』で既に硝酸薬を記述済み。
  • プロスタグランジン (※ 『薬理学/生理活性物質』に統合の予定.

中枢神経作動薬[編集]

  • 総論
  • 鎮静睡眠薬 ※ 睡眠薬は記述済み.
  • 鎮静薬の麻薬性 ※ 記述済み.
  • 抗てんかん薬 ※ 記述済み.
  • 全身・局所麻酔薬 ※ 記述済み.
  • 筋弛緩薬 ※ ツボクラリンとかなら記述済み.
  • パーキンソン症候群治療薬 ※ 記述済み.
  • 抗うつ薬 ※ 済み。三環系とか記述済み

血液・炎症治療薬[編集]

  • 高脂血症治療薬
  • 貧血治療薬
  • 血液凝固/抗血液凝固薬 (※ 記述中
  • 非ステロイド性抗炎症薬 ※ 済み. 『薬理学/抗炎症薬および関連薬』に統合.

抗菌・抗ウイルス薬[編集]

内部リンク集[編集]

基礎医学リンク集

外部リンク[編集]

※ 現在のところ、リンク無し。

未分類[編集]

※ この節は、サブページ化する前の、著作中の単元の記述スペースです。
※ ある程度の内容が充実したら、上記の目次の各単元のリンク先の適切な場所に移動してください。

脚注[編集]

※ サブページへの引用時には、上記『脚注』の見出しレベルをレベル2にアップする事。