コンメンタール国籍法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール国籍法

国籍法(昭和25年5月4日法律第147号、最終改正:平成30年6月20日法律第59号)の逐条解説書。

本則[編集]

第1条(この法律の目的)
第2条(出生による国籍の取得)
第3条(認知された子の国籍の取得)
第4条(帰化)
第5条
第6条
第7条
第8条
第9条
第10条
第11条(国籍の喪失)
第12条
第13条
第14条(国籍の選択)
第15条
第16条
第17条(国籍の再取得)
第18条(法定代理人がする届出等)
第18条の2(行政手続法の適用除外)
第19条(省令への委任)
第20条(罰則)

外部リンク[編集]

このページ「コンメンタール国籍法」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。