民法第412条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(履行期と履行遅滞

第412条
  1. 債務の履行について確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した時から遅滞の責任を負う。
  2. 債務の履行について不確定期限があるときは、債務者は、その期限の到来した後に履行の請求を受けた時又はその期限の到来したことを知った時のいずれか早い時から遅滞の責任を負う
  3. 債務の履行について期限を定めなかったときは、債務者は、履行の請求を受けた時から遅滞の責任を負う。
第412条の2
  1. 債務の履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして不能であるときは、債権者は、その債務の履行を請求することができない。
  2. 契約に基づく債務の履行がその契約の成立の時に不能であったことは、第415条の規定によりその履行の不能によって生じた損害の賠償を請求することを妨げない。

解説[編集]

本条は、債務者が履行遅滞に陥る時期を規定している。

参照条文[編集]

  • 期限
民法第135条(期限の到来の効果)、民法第136条(期限の利益及びその効果)、民法第137条(期限の利益の喪失)
  • 履行遅滞の責任
民法第415条(損害賠償責任)、民法第541条(解除)
  • 履行(弁済)
民法第492条民法第493条(弁済の提供)
  • 第3項の特則
民法第591条(消費貸借)

判例[編集]


前条:
民法第411条
(選択の効力)
民法
第3編 債権

第1章 総則

第2節 債権の効力
次条:
民法第413条
(受領遅滞)


このページ「民法第412条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。