刑法第7条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(定義)

第7条
  1. この法律において「公務員」とは、国又は地方公共団体の職員その他法令により公務に従事する議員、委員その他の職員をいう。
  2. この法律において「公務所」とは、官公庁その他公務員が職務を行う所をいう。

解説[編集]

「公務員」「公務所」の刑法における定義規定である。

判例[編集]

  • 収賄(最高裁判例 昭和30年12月03日)特別調達庁法第14条,特別調著庁法第16条,特別調達庁職制30条(昭和23年7月1日の改正で32条となる)
  • 公務執行妨害、傷害(最高裁判例 昭和35年03月01日),郵政省設置法(昭和23年法律244号)4条5号,郵政省設置法(昭和23年法律244号)12条1項,郵政省設置法(昭和23年法律244号)12条3項,郵政省設置法(昭和23年法律244号)13条8項,郵政省設置法(昭和23年法律244号)27条,郵政省職員定数規程(昭和27年9月24日郵政省令31号)1項「地方支分部局郵便局の欄」,郵政省職員定数規程(昭和27年9月24日郵政省令31号)2項,逓信部内雇員規程(昭和22年3月18日逓信大臣公達51号)3条,逓信部内雇員規程(昭和22年3月18日逓信大臣公達51号)別表第2,郵政省職務規程(昭和24年9月5日公達39号)7条2号,郵政省職務規程(昭和24年9月5日公達39号)別表第1「任命権委任区分」,郵便局組織規程(昭和25年2月1日公達9号)1条,郵便局組織規程(昭和25年2月1日公達9号)別表第1「京都中央郵便局」,食糧管理法施行規則47条,昭和28年6月12日岡山県告示478号


このページ「刑法第7条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
前条:
刑法第6条
(刑の変更)
刑法
第1編 総則
第1章 通則
次条:
刑法第7条の2