料理本/乳製品/バター

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バターとは?

乳製品の一つで、牛乳より特に脂肪分の高いクリームが主成分。香りが強く、料理に 風味を持たせるため欠かせない調味料となる。市販されている通常のバターは、パン などに塗って食べる際の味付けとして塩を入れているが、菓子の調理用に無塩バター (やや高価)も市販されている。


性質

・融点が低いため、調理に用いやすい(逆に言えば、焦げやすい)

・一度溶けたものは脂肪酸が分離してしまい元に戻らないので、風味を損なう。その ため、出しっぱなしにせずきちんと冷蔵庫に保存しておく必要がある。


バターを使った主な調理例

<和食>

じゃがバター(ふかしたジャガイモにそのままバターを塗る)

<洋食>

ほうれん草のソテー(バターを絡めてほうれん草を炒める) たらこスパゲティ(麺と絡める前に、たらこと溶かしたバターを混ぜる) トースト(焼いたトーストにそのまま塗る、もしくは塗ってからトーストを焼く)


<中華>


<その他>


<菓子類>

ホットケーキ(出来上がったホットケーキにそのまま塗る) クレープ(生地に混ぜる、焼くときに油としてひく、食べる際にそのまま塗るなど)