短剣道

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア短剣道の記事があります。
Wiktionary
ウィクショナリー短剣道の記事があります。
進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。


短剣道たんけんどう短劍道)とは、旧日本軍で行われていた短剣術を競技化した武道で、短剣の理法の修練による人間形成を目的とする道または修行のことです。

  • 詳細はウィキペディアの短剣道の記事を参照

概要[編集]

基本的には、2人の競技者が防具を着用した上で短剣を模した短い竹刀を持ち、互いに各部位を刺突し合うというものである。ただし、稽古その他における短剣道は、この限りではない。

竹刀はただ突けば良いというものでなく、正しい構えで突く必要がある。

目次[編集]

短剣道入門[編集]

短剣道の基本[編集]

稽古[編集]

技術面[編集]

昇段審査[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

このページ「短剣道」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。