行政事件訴訟法第38条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール行政事件訴訟法

条文[編集]

(取消訴訟に関する規定の準用)

第38条
  1. 第11条から第13条まで、第16条から第19条まで、第21条から第23条まで、第24条第33条及び第35条の規定は、取消訴訟以外の抗告訴訟について準用する。
  2. 第10条第2項の規定は、処分の無効等確認の訴えとその処分についての審査請求を棄却した裁決に係る抗告訴訟とを提起することができる場合に、第20条の規定は、処分の無効等確認の訴えをその処分についての審査請求を棄却した裁決に係る抗告訴訟に併合して提起する場合に準用する。
  3. 第23条の2第25条から第29条まで及び第32条第2項の規定は、無効等確認の訴えについて準用する。
  4. 第8条及び第10条第2項の規定は、不作為の違法確認の訴えに準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第37条の5
(仮の義務付け及び仮の差止め)
行政事件訴訟法
第2章 抗告訴訟
第2節 その他の抗告訴訟
次条:
第39条
(出訴の通知)
このページ「行政事件訴訟法第38条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。