民法第150条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

支払督促

第150条
支払督促は、債権者が民事訴訟法第392条 に規定する期間内に仮執行の宣言の申立てをしないことによりその効力を失うときは、時効の中断の効力を生じない。

解説[編集]


前条:
民法第149条
(裁判上の請求)
民法
第1編 総則
第7章 時効
第1節 総則
次条:
民法第151条
(和解及び調停の申立て)
このページ「民法第150条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。