中学校社会 公民

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要[編集]

中学校で習う社会科 公民(こうみん)とは、日本の社会のしくみなどについて学習する教科である。たいていは中学3年生になってから学習する。中学『公民』は、高校の社会科の基礎ともなり、高校『政治経済』科目の基礎だけでなく、高校『地理』『現代社会』や高校『日本史』『世界史』の基礎ともなる、大切な科目である。

学習単元・内容[編集]

現代社会と私たちの生活[編集]

人権思想と民主主義の歩み[編集]

現代の民主政治[編集]

日本国憲法の原則[編集]

基本的人権

公共の福祉と、国民の義務

社会の変化と新しい権利

日本の平和主義

その他

民主政治と政治参加[編集]

日本国憲法[編集]

国民生活と経済[編集]

私たちの生活と経済[編集]

政府の財政活動[編集]

発展:経済政策[編集]

国民生活と福祉[編集]

国際社会[編集]

地球規模の問題[編集]

法解釈[編集]

資料[編集]

法令集[編集]

練習問題[編集]

他分野へのリンク[編集]

学習方法[編集]

参考[編集]