刑事訴訟法第222条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(押収等に関する準用規定等)

第222条
  1. 第99条第100条第102条乃至第105条第110条乃至第112条第114条第115条及び第118条乃至第124条の規定は、検察官、検察事務官又は司法警察職員が第218条第220条及び前条の規定によってする押収又は捜索について、第110条、第112条、第114条、第118条、第129条第131条及び第137条乃至第140条の規定は、検察官、検察事務官又は司法警察職員が第218条又は第220条の規定によってする検証についてこれを準用する。但し、司法巡査は、第122条乃至第124条に規定する処分をすることができない。
  2. 第220条の規定により被疑者を捜索する場合において急速を要するときは、第114条第2項の規定によることを要しない。
  3. 第116条及び第117条の規定は、検察官、検察事務官又は司法警察職員が第218条の規定によってする押収又は捜索について、これを準用する。
  4. 日出前、日没後には、令状に夜間でも検証をすることができる旨の記載がなければ、検察官、検察事務官又は司法警察職員は、第218条の規定によってする検証のため、人の住居又は人の看守する邸宅、建造物若しくは船舶内に入ることができない。但し、第117条に規定する場所については、この限りでない。
  5. 日没前検証に着手したときは、日没後でもその処分を継続することができる。
  6. 検察官、検察事務官又は司法警察職員は、第218条の規定により差押、捜索又は検証をするについて必要があるときは、被疑者をこれに立ち会わせることができる。
  7. 第1項の規定により、身体の検査を拒んだ者を過料に処し、又はこれに賠償を命ずべきときは、裁判所にその処分を請求しなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第221条
(領置)
刑事訴訟法
第2編 第一審
第1章 捜査
次条:
第222条の2
(電気通信の傍受を行う強制処分)
このページ「刑事訴訟法第222条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。